車はどうやって査定されてるの?

クルマを下取りに出すときにもっとも重要なのは、ひとつの買い取り店だけではなく複数の買い取り店に査定を依頼することです。別段、「あそこのお店では○○円出してくれるって話でしたよ」なんて値段の吊り上げをしよう!という話ではありません。ひとつのお店だけに絞ってしまうと、あまり考えたくないことではありますが、うっかりそのお店があまりよろしくないお店だったときにもそれに気づくことができないからです。とはいえ、あちこちの買い取り店へ出向いていちいちチェックしてもらって…というのもなかなか骨が折れる話。最近は便利な世の中になったもので、「一括中古車査定」なんていうサービスがインターネットで始まりました。自分のクルマのメーカー・車種・年式・装備・走行距離などを入力すると、このお店ではだいたいこれぐらいの査定額、どこそこのお店ではこのぐらいの査定額…といった感じのおおまかな情報を教えてくれるものです。そういったサービスを利用するとわかりますが、ひとつのクルマに対して本当にさまざまな値段がつくことがあります。とはいえ、安くつけてきたお店が悪いなどといった簡単な話でもなく、そのお店での在庫状態なども関係してくるので安易に値段だけで決めてしまうのも考えものだったりします。新車に買い換えることを前提に下取りへと出す場合は、ディーラーに査定してもらうのもいいでしょう。基本的に、ディーラーでの査定額というのは中古車販売店よりも安価に設定されることがほとんどです。とはいえ、下取りに出すクルマがまだまだ市場では人気のあるクルマだったり、買い換える新車が「どうしても売りたい!」というクルマだったりする場合には、ディーラーの下取りでも中古車販売店とあまり変わらない値段を提示してくれることがあります。とはいえ、自分の状況がどういう状況かなんて自分ではわからないもの。買い換えの場合は、まずディーラーに下取り価格を提示してもらって、それから中古車販売業者に査定してもらうのがいちばん確実な手段です。ところで、中古車販売店にクルマの査定をお願いしていると、「即決してくださるのなら少々高めのお値段で買いますよ」なんて言われたりすることがあります。別段ウラがあるとか騙されているとかいう黒い話ではなく、査定中のクルマの在庫が現在そのお店にはなく、どうしても補充しておきたい!なんてときに用いられる話です。そんなことを言われてしまうと即決したくなってしまうのが人情というもの。ですが、一時の感情に流されて大きなお金を動かすと必ず後悔するのが人間というものです。それは買うときだけに限らず、売るときでも変わらないお話。「今すぐ」「即決」という言葉には、できるだけ流されないように心がけましょう。どんなに急いでいても、最低一日は空けた方が冷静な判断ができるというものです。